Xiao MiのBluetooth体重計はコスパがいいかも

1月にXiao Mi(小米)のBluetooth体重計を買いました。
レビューをちょっとしてみますね。

一般的な体組成計の体重計なので、目新しいものはなんもありません。
おまけにBluetoothなので、これまた普通の健康器具です。
これはMi Fitというアプリと連動して使います。
別に単体でも体重計として使えるので、記録をとらない人はアプリいらないんじゃないでしょうか?!

アプリの使い勝手は、可もなく不可もなく。
これメインで使おうと思ったら、記録の閲覧性の面でちょっとキツイかなぁと思う。
過去の数値は表示されないので、体重の推移はグラフになるけど、数字が見れないんですよ。
あとこのアプリは他のMiシリーズとも連動しています。
Mi Standの活動量計もこのアプリでペアリングして記録します。

Bluetooth体重計をペアリングする時、けっこうつまずきました。
なんでかすんなり繋がらず、あれこれやってみて、ようやく繋がりました。
中国製だし、最近日本に進出してきたブランドだし、日本語じゃほぼ情報はありません。


これはアプリのインターフェース。
ステータス、ウォーキング、ランニング、サイクリングなどのタブが上部にあります。
ボディスコアは体組成分析が見れます。
体重は体重の推移が見れます。
他に、Mi Standを使っていれば、心拍数や睡眠の質も確認できます。


体重はこうやって推移が分かりますが、過去の数値が分からないので、わたしはSimple Dietで体重を別途記録しています。

あと体組成分析はまぁ普通です。

こんな感じで点数がついて、過去の点数の推移が分かります。
例のごとく、過去の数値は何かは記録がないので、点の流れで判断です。


体脂肪とか内臓脂肪も数値が出るので、是が非でもここを落としてやるぞ!と意気込めるのはいいかもしれません。

それと、1アプリでプロファイルの共有ができます。
プロファイルを追加すると、家族分の体重などが記録できます。
が、人に見せる、それって?

こうしたアプリってあくまでもパーソナルな意味合いが強いので、家族分の体重登録なんて意味あんのかね?

だったら、Bluetooth接続を複数のiPhoneに出来るようにして、1台の体重計を家族4人分のiPhoneで接続出来る方が便利じゃないの?と思ったりします。

娘が体重計に乗ると、アプリに数字が出るので分かるんですよねぇ。
別に気にはしないけど。

ではこの体重計は買いかと聞かれたら、コスパはいいんじゃないんでしょうか。
あとは耐久性ですね。
オムロンとか日本のブランドは1万円以上しますが、中華体組成計は軒並み2000円台からあります。
Miブランドも基本的には同じですから、ブランド料が入って若干お高いかなとも思いますが、安心料かもしれません。
これで半年もしないで壊れたら安心しませんけどねぇ。(笑)

関連記事